お知らせ

2018年07月11日

「PYP KIDSの未来」~在校生保護者向けワークショップを開催~

7月19日(木)日本における国際バカロレアの第一人者、大迫弘和先生をお迎えして国際バカロレア保護者ワークショップを開催いたします。

アオバ三鷹の保護者の皆様に国際バカロレアPYP(Primary Years Programme)についてのご理解をより深めていただくため、大迫弘和先生をお迎えしワークショップを行います。

探究型学習で学ぶ子どもたちには、どのような未来が待ち構えているのでしょうか。現在進行中の日本の教育改革の文脈を踏まえ、PYPを学ぶ意味、そして子どもたちを待ち受ける未来について、日本のIB教育の第一人者である大迫弘和先生にお話いただきます。形式は事前に参加者の皆様からいただきましたご質問に大迫先生が回答される形を基本とする予定です。

<テーマ> PYP KIDSの未来
<日時> 2018年7月19日(木)16:45-18:00
16:45-17:30  ご講演 17:30-18:00 Q&A懇親会(with Wine&Cheese)
<会場> アオバジャパン・バイリンガルプリスクール三鷹 Japaneseエリア

<講師> 大迫 弘和 先生 (都留文科大学 国際教育学科特任教授、アオバジャパン・インターナショナルスクール教育特別顧問)


日本を代表する教育者の一人。詩人としても活動。国際バカロレア(IB))教育の国内第一人者として知られ、現在文部科学省及び IB 機構に協力し IB の国内普及に尽力している。これまで千里国際学園中等部高等部校長 / 学園長、Doshisha International School, Kyoto 校長、広島女学院大学 IB 調査研究室長、IB 日本アドバイザリー委員会委員等を歴任。現在都留文科大学特任教授、リンデンホールスクール中高学部 (IB 校 ) 校長、武蔵野大学教育学部特任教授等を兼任するとともに多くの教育機関からの相談に対応している。2014年12月からはアオバジャパン・インターナショナルスクール教育特別顧問も務めている。1953 年東京生。東京大学文学部卒。近著に『国際バカロレアの現在』(2017年6月15日刊 ジアース教育新社)。その他の著書:『がっこう』(2012 年 かまくら春秋社)『国際バカロレア入門―融合による教育イノベーション』(2013 年 学芸みらい社)『国際バカロレアを知るために』(編著 2014 年 水王舎)『アクティブ・ラーニングとしての国際バカロレア―「覚える君」から「考える君」へ』(2016 年 日本標準ブックレット)等多数。