じゃがいも掘り//Potato Digging//挖土豆

こんにちは。

雨の日続きでしたが、太陽が見え良いお天気の日、楽しみにしていたじゃがいも掘りに行くことができました。

朝からとても楽しみにしていた様子で、畑まで歩いて行く道も「10個掘るんだ!」「パパとママの分も掘るんだ」とやる気満々で頼もしい子ども達。畑に到着して、畑の方のお話を聞いて、早速掘り始めました。

「虫がいる~」と喜ぶ子もいれば、虫を怖がって中々掘り始められない子も。ふかふかな土の感触を楽しみながら、掘って掘って、一つ見つけると、次々と掘ってじゃがいもを見つけるのが楽しくなっていき、最後には泥だらけの笑顔でみんな「こんなに採れたよ」と袋いっぱいに入ったおいもを見せてくれました!

たくさんとれたじゃがいもが入った重い袋を「重くないよ!」と、スクールまで頑張って持って帰りました。採れたじゃがいもは蒸かして食べました。自分で掘ったじゃがいもの味は特別だったようで、美味しい!とおかわりをする子がたくさんいました。

 

*******************

Although it was at the beginning of rainy season, we managed to catch a lovely sunny day and went Potato digging last week.  

All the kids were so excited in the morning,  then off we went with great enthusiasm! 

Some of them loved finding bugs crawling on the soil and some hesitated to put their hands in because of the bugs,  but soon we all started enjoying the feeling of the soft soil. After finding one potato, the more we foundthe more fun it became. We pulled and pulled and dug and dug…
In the end with a big smile on their muddy face, everyone showed us their bags filled with many potatoesThey carried their heavy bags all the way back to school. 

Freshly dug potatoes must have tasted extra special to them as they asked for more when we had them after getting back to school!

 

*******************

阴雨绵绵的日子持续了好几天,所幸到了大家期待已久的挖土豆的日子,天气终于放晴了。
孩子们一大早便盼着赶紧开始,一路上讨论着“我要挖十个土豆!”“我要把爸爸妈妈的也挖了!”,到达田地后迅速在农民伯伯的指导下展开了行动。
田地里,既有一边兴奋地喊着“看到虫子了!”一边更加起劲地挖土的孩子,也有因为害怕虫子而迟迟不敢动工的孩子。孩子们挖着挖着,发现了第一个土豆后接二连三地发现了更多的土豆,兴致愈加高昂起来。大家欢乐的脸上都沾满了泥巴,争着给老师看装满了劳动成果的袋子。
最后,孩子们一边嚷着“一点也不重!”,一边齐心协力地把大袋的土豆扛回了学校。到了午饭时间,大家美味地吃着自己亲自挖的蒸土豆,不约而同地要求老师帮忙添饭呢。